FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

to U



何を書いても全然足りない気がする。
長かったような短かったような一年。

一年間、助けてくれた人たちすべてに感謝です。


個人的にもいろんな環境の変化があった一年だったけど
何もできないことを思い知らされた一年でもある。

でもそれはただ、何もやらなかったからじゃないかとも思っている。

職場に電話をかけてきた人が言っていました。
「被災した痛みはみんな一緒でしょ?!」

そうなのかな。
震災が起きたっていう衝撃は同じかもしれないけど、
痛みは同じではないと思う。

家がちょっと壊れた人と
自宅が流出して何もなくなった人じゃ、全然違うよ。

家族が無事だった人と
そうじゃない人。
痛みは全然違うでしょう。


一年経って改めて想像力を働かせてみた。
家も家族も失って、たった一人になっていたとしたら、
きっと試験も受けていなくて途方に暮れていた。
もし、あの日、自分が波に飲まれていたとしたら
わがままな犬ともこの一年で知り合った人とも会えないし
誰かが悲しい日々を送っていたかもしれない。

でもそれが実際どれほどの痛みなのかは当事者じゃないと絶対わからないと思う。
相手の状況を自分に置き換えることはできるけど
相手の気持ちになって考えることって不可能だと思うんだよねぇ・・

それでも人の気持ちを考えることは必要だから
ちゃんと、しっかり、やろう、
って言い聞かせる。

今は力も何もないけど
知識と経験と人脈を広げて
根拠をもった発言ができるようになる。
人の気持ちを推し量って行動に移せる人間になる。
がんばろ。
スポンサーサイト

コメント

通りすがりの者です

こんばんわ。
はじめてブログに訪れました。

「携帯・写真」で、なんか情報ないかなー?とFC2内を検索していたところ
TOP写真に惹かれブログを観させていただきました。

私は直撃でなかったとはいえ阪神淡路・東北北関東と2度大震災を経験しましたが、
しほのさんの意見はもっともに思えます。

前向きな気持ちが写真にも反映されているような気がして素晴らしいですね。
これからもがんばってください☆

2012/03/13 (Tue) 05:49 | 藤田 正徳 #- | URL | 編集

藤田正徳さん☆

コメントありがとうございます!
立ち寄ってくださって嬉しいです。

阪神大震災も東日本大震災も経験したとは、大変でしたね...
でもそんな方がわたしの話に共感してくれること、嬉しく思います。
自信が持てました!

これからも復興に役立つよう前向きに頑張ろうと思います。
写真も前向きな気持ちで撮り続けます☆

2012/03/15 (Thu) 02:28 | しほの #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。